ラピアクタの登場でインフルエンザで医療機関の意義

インフルエンザは毎年多くの人が罹患してしまう感染症であり、老若男女を問わずに感染リスクがあります。インフルエンザにかかったかもしれないという疑いがあった場合には速やかに医療機関を受診するといくつもの治療薬があって、適切なものを用いて治療を行っていくことができます。よく用いられているインフルエンザ治療薬は48時間以内に使用し始めることが治療を早めるために必要であり、感染の疑いがあった場合には躊躇せずに医療機関に行くことが重要になります。インフルエンザの治療薬として用いられてきたものは吸入薬や飲み薬でしたが、点滴薬であるラピアクタが登場したことによりあらゆる人の治療が可能になったともいえる状況にあります。吸入薬は適切に吸引することが必要になるため、子供や高齢者ではしばしば服用に困難が生じます。飲み薬は吸入薬に比べると使用できる人が多いものの、重篤な基礎疾患があったりして飲むことが難しい人もいれば、小さい子供のように飲んだふりをしてしまって実際には飲めていないということもあります。ラピアクタは点滴剤としての適用が認められているため、たとえ何も口にできない人でも、新生児であっても使用することができるというメリットがある治療薬なのです。1日15分間の点滴が必要になるものの、確実に血中に届くことから効果について信頼性が高いのもラピアクタの特徴です。こういった医薬品が生まれてきたことによって薬があっても使えないから諦めようという判断をする必要がなくなりました。どんな容態の高齢者であっても新生児であってもインフルエンザの疑いがあったら速やかに医療機関を受診して医師の判断を仰ぐ意義が高まっているのです。