インフルエンザ検査キットはいつ使える?予防対策は?

「インフルエンザに感染したかもしれない」そんなときは病院に行って検査を行いましょう。現在はどの病院や医院でも、インフルエンザの検査キットを利用した感染の確認が可能です。検査キットを使えば、鼻やのどの粘膜を採取するという簡単な検査方法で感染しているかどうかの確認は15分ほどで行うことが可能です。しかし、病院に行くときには「感染したかな?」というタイミングから12時間以上48時間未満のタイミングで行くようにしてください。現在のインフルエンザの検査キットでは、感染から12時間以内の検査場合には体内のインフルエンザウイルスの数が少ないため、本当はインフルエンザに感染していても陰性だという結果が出てしまう可能性があるためです。検査自体は感染から12時間以内でも可能ですが、検査の精度は60~70%だと言われています。そのため、感染からあまり時間をおかずに診察に行ってしまうと、また翌日以降に検査を行わなければならなくなってしまうため、何度も病院に通わなければならなくなります。さらに感染から48時間以上経ってしまうと、インフルエンザ治療薬の効力が落ちてしまいます。治療薬は48時間以内の服用で高熱の期間を短縮することができるため、適切なタイミングで病院の診察を受けるようにしましょう。また、診察に行く際にも予防対策はしっかりと行うようにしましょう。「病院に行くと病気を貰ってくる」という人もいるほど、病院は様々な症状を抱えてきている人たちであふれています。インフルエンザの予防対策をすることは、他の病気の予防対策にもつながります。マスクをする、手洗いやうがいを頻繁に行うといった簡単な対策でもインフルエンザや他の感染症になることを防ぐことは可能です。