インフルエンザの予防法と診断書の取り方

インフルエンザは毎年流行する病気で、子供から大人まで多くの方が感染します。特に小さいお子さんや高齢の方がインフルエンザに感染すると重大な合併症を引き起こす危険性もあるため、流行する時期がくる前に予防法を確認しておくことが大切です。
インフルエンザの予防法として一般的に行われているのは、手洗いとうがいです。インフルエンザの菌はどこに付着しているか分かりませんし、空気中を漂っているウイルスが口の中に入ってしまう可能性もあります。手洗いとうがいは基本的な予防法と言えますが、さらに免疫力を高めておくことも大切です。疲労と睡眠不足が溜まると免疫が低下するため、病気に対する抵抗力も落ちてしまいます。十分な睡眠をとり、疲れを溜めない生活を心掛けましょう。
食事の際は栄養バランスの整ったメニュー作りを実践しましょう。インスタント食品等の偏った食事を続けていると、栄養が不足しがちになり免疫力が低下します。
病気に負けない体を作るためには、運動習慣を身につけることも必要不可欠です。筋力を鍛えることは血行促進効果にも繋がります。健康状態を整えてインフルエンザを予防しましょう。
インフルエンザにかかると会社も休まなければなりません。中には診断書を提出させる会社もあるので、必要であれば医療機関を受診した時に診断書を書いてもらいましょう。診断書は治療費とは別に料金がかかりますが、医療機関によって金額は違ってきます。平均的には千円から三千円程度が相場になっており、高い場合は五千円近い料金が発生する場合もあります。
処方された薬を服用するとすぐに熱が下がる時もありますが、インフルエンザに感染した場合は会社が指定する日数分休まなければなりません。